防犯カメラのについて詳しくなりたいなら当サイト!防犯カメラに関する情報を紹介しています。

防犯カメラは身近なボディガード

日本のセキュリティ

日本のセキュリティは今問われているといってもいいでしょう。昔の日本は世界一安全な国として世界で認知されていたのですが、近年は、犯罪の件数が増える一方で、しかも犯罪者も低年齢化が進んでおり、「日本は安全な国」という解釈が覆されようとしています。
日本が安全ということがなくなってきている現在、自分の安全は自分で守らなくてはいけない時代に来ているのではないしょうか。
自分の安全を守るものとして私がオススメしたいのは、「防犯カメラ」です。

 

防犯カメラは自分がいないときでも、撮影を続けてくれるので、もし泥棒が入ったときにはきちっと記録を残してくれます。また、ネットワーク機能付きのカメラなら、自宅から離れたところからもネットワークカメラの映像を確認することが可能です。
また、最近では事件が起こったときなどの解決の手口として使われるのもテレビでよく見かけるようになりました。このように、ただ映すだけでなく、その後の解決にも結びつくことが出来るので、ぜひご自分の自宅やお店などに取り付けてみるの良いかと思います。
このサイトでは、防犯カメラに関する情報を提供していきますので、今、防犯カメラ取り付けを考えている方や防犯カメラやネットワークカメラについて知りたい方々の参考にしてください。

防犯カメラについて

防犯カメラについてご説明します。
よく防犯カメラ・監視カメラとも呼ばれていますが、意味は同じです。簡潔にしていうと、様々な目的で監視を行っているテレビカメラのことです。
また、ただ映すだけではなく、カメラに加え取得した映像の伝送・処理および表示する機能を含む防犯カメラもあります。
主な用途としては防犯、防災、計測・記録などに使われ、英語では

「Closed-circuit Television」といい、略語として「CCTV」ともよく呼ばれています。
実は、録画機能のないただ映しているだけの防犯カメラでも防犯に対して高い効果があります。お店を経営している方などが店舗に防犯カメラを設置することにより、いざ何かあった時に、防犯カメラに映っていれば、証拠となるのは言うまでもなく、防犯カメラがあることで犯罪の抑制にもなっています。防犯の基本は犯行を起こさせないことですので、つまりストーカーや不審者や泥棒などに防犯カメラによって、犯行をさせないことが大事になってきます。
犯罪にもいろいろと手口がありますので、犯行手口を踏まえて適切な場所に防犯カメラ・監視カメラを設置することで、犯行を起こさせないよう西、未然に防止することもできます。
最近では、インターネット回線を利用して遠隔でリアルタイムに監視をすることで犯罪抑止から犯罪阻止を試みる動きがある。

check

居酒屋(新橋)

こちらの表参道の美容院では、ヘアスタイル、髪の毛(ダメージ)、頭皮とトータルでお客様にご提案せて頂きます

表参道 美容院

六本木駅6番出口を出て、2分ほどにあるネイルサロンです。

六本木 ネイルサロン

結婚式に最適!なドレス

シャネルのヴィンテージ

防犯カメラの需要

防犯かめらの需要は主に下記の場所で使われているようです。

1.企業(オフィス)
個人情報が盗まれないよう保護の観点で防犯カメラを使用、監視カメラのネットワーク化・小型化・低価格化
2.駐車場・駐輪場
若者のたむろによる騒音被害の抑制、ピッキングによる車の東南や車上荒らしの防止、不正駐車などの監視
3.街頭・路上
引ったくり防止と証拠、その他の犯罪の監視
4.マンション
ピッキングの監視、侵入者による盗難の防止と証拠、住居者(老人、子供)の保護
5.商店街
監視すべきところ、いけないところを区別したカメラの配置と、万引きの抑止

-↑ページトップへ↑-